プライバシーポリシーについて

個人情報保護に関する基本方針

(プライバシーポリシー)

有限会社 小田原保険サービス

弊社は、個人情報保護の重要性に鑑み、また、保険業に対する社会の信頼をより向上させるため、お客様の個人情報を適正に取扱うことを宣言いたします。

(1)法令等の遵守
弊社は、個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)その他の関連法令および関係官庁のガイドラインなどを遵守します。

(2)従業者教育
弊社は、個人情報の取扱いが適正に行われるよう従業者への教育・指導を徹底します。

(3)個人情報の利用目的
弊社は、損害保険ジャパン日本興亜株式会社、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社から保険募集業務の委託を受けて取得した個人情報(個人番号および特定個人情報については、下記(8)を参照ください。)を、損害保険、生命保険およびこれらに付帯・関連するサービスの提供等の各社の業務の遂行に必要な範囲内で利用します。その他の目的に利用することはありません。上記の利用目的を変更する場合には、相当の関連性を有すると合理的に認められる範囲においてのみ行い、その内容をご本人に対し、原則として書面等により通知し、または弊社のホームページなどにより公表します。弊社に対し保険募集業務の委託を行う保険会社の利用目的は、それぞれの会社のホームページ(下記)に記載してあります。

損害保険ジャパン日本興亜株式会社
http://www.sjnk.co.jp/
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社
http://www.himawari-life.co.jp/

(4)個人情報の取得
弊社は、業務上必要な範囲で、かつ、適法で公正な手段により個人情報(個人番号および特定個人情報については、下記(8)を参照ください。)を取得します。

(5)個人データの安全管理措置
弊社は、取り扱う個人データ(下記(8)の個人番号および特定個人情報を含みます。)の漏えい、滅失またはき損の防止その他の個人データの安全管理のため、安全管理に関する取扱規程などの整備および実施体制の整備など、十分なセキュリティ対策を講じるとともに、利用目的の達成に必要とされる正確性・最新性を確保するために適切な措置を講じています。

(6)個人データの第三者への提供
弊社は、個人データ(個人番号および特定個人情報については、下記(8)を参照ください。)を第三者に提供するにあたり、以下の場合を除き、ご本人の同意なく第三者に個人データを提供しません。

①法令に基づく場合
②人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
③公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
④国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。

(7)センシティブ情報のお取扱い
弊社は、政治的見解、信教(宗教、思想および信条をいいます。)、労働組合への加盟、人種および民族、門地および本籍地、保健医療および性生活ならびに犯罪歴に関する情報(以下「センシティブ専属・専業代理店用情報」といいます。)を、次に掲げる場合を除くほか、取得、利用または第三者提供を行いません。
①法令に基づく場合
②人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合
③公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のため特に必要がある場合
④国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合
⑤保険料収納事務等の遂行上必要な範囲において、政治・宗教等の団体もしくは労働組合への所属もしくは加盟に関する従業員等のセンシティブ情報を取得、利用または第三者提供する場合
⑥相続手続を伴う保険金支払事務等の遂行に必要な限りにおいて、センシティブ情報を取得、利用または第三者提供する場合
⑦保険業の適切な業務運営を確保する必要性から、本人の同意に基づき業務遂行上必要な範囲でセンシティブ情報を取得、利用または第三者提供する場合

(8)個人番号および特定個人情報の取扱い
弊社は、個人番号および特定個人情報について、取得・利用・第三者提供を行いません。

(9)見直し・改善
弊社の個人情報の取扱いおよび安全管理に係る適切な措置については、適宜見直し、改善いたします。

(10)個人情報保護法に基づく保有個人データの開示、訂正等、利用停止など
個人情報保護法に基づく保有個人データに関する開示、訂正等または利用停止などに関するご請求については、データの保有者である保険会社に対してお取次ぎいたします。

(11)お問い合わせ・ご相談・苦情へのご対応
弊社は、個人情報の取扱いに関する苦情・ご相談に迅速にご対応いたします。ご連絡先は下記のお問い合わせ窓口となります。また保険事故に関する照会については下記お問い合せ窓口のほか、保険証券記載の保険会社の事故相談窓口にもお問い合わせいただくことができます。なお、ご照会者がご本人であることをご確認させていただいたうえで、ご対応させていただきますので、あらかじめご了承願います。

お問い合わせ先
代理店 :有限会社小田原保険サービス
所在地 :〒250-0875
     神奈川県小田原市南鴨宮3-4-12 福元ビル2階
電話番号:0465-46-0117
受付時間:9時〜17時

 


勧誘方針

  • 金融商品の販売等に際して、各種法令等を遵守し、適正な販売等に努めます。

    • 販売等にあたっては、保険業法、金融商品の販売等に関する法律、金融商品取引法、消費者契約法及びその他各種法令等を遵守して参ります。
    • お客さまに商品内容を正しくご理解いただけるよう説明内容や説明方法を創意工夫し、適正な販売・勧誘活動を行って参ります。
    • 保険金の不正取得を防止する観点から、適正に保険金額を定めるなど、適切な保険販売を行うよう努力して参ります。
  • お客さまの金融商品に関するお客さまの知識・経験、契約目的、財産の状況等を総合的に勘案し、お客さまの意向と実情に応じた金融商品の販売等に努めます。

    • 保険販売等においては、お客さまを取り巻くリスクの分析やコンサルティング活動等を通じて、 お客さまの意向と実情に沿った適切な最大限配慮した商品設計、販売・勧誘活動を行って参り ます。
    • また、お客さまのご経験、ご契約目的、財産の状況等を勘案し十分把握したうえで、商品内容や リスク内容等の適切な説明を行って参ります。
    • お客さまに関する情報については、適正な取扱いを行い、お客さまの権利利益の保護に配慮して参ります。
  • お客さまへの商品説明等については、販売・勧誘形態に応じて、お客さま本位の方法等の創意工夫に努めます。

    • 販売・勧誘活動にあたっては、お客さまの立場に立って、時間帯や勧誘場所について十分に配慮して参ります。
    • お客さまと直接対面しない販売等を行う場合においては、説明方法等に工夫を凝らし、お客さま にご理解いただけるよう常に努力して参ります。
  • お客さまのご意見等の収集に努め現状を把握し、また、お客さまの満足度を高めるよう努めます。

    • 保険契約について、万が一保険事故が発生した場合におきましては、保険金の請求にあたり適切な助言をして参ります。
    • お客さまの様々なご意見等の収集に努め、その後の金融販売等に活かして参ります。
平成28年4月1日

有限会社 小田原保険サービス

住所

〒250-0875
神奈川県小田原市 南鴨宮3-4-12
福元ビル2階
電話番号:0465-46-0117
FAX番号:0465-48-5513

営業日・営業時間

  • ・土日、祝祭日を除く毎日営業
    ・午前9時〜午後5時
    ・但し営業時間以外のお問い合わせは
     午後6時まで受付しております。

紹介映像

過去の賞歴

  • 2010年2月

    損保ジャパン全国オールチャネルキャンペーン
    全国6位入賞

  • 2009年1月

    JSA50周年記念キャンペーン
    損保部門 2冠入賞

  • 2008年6月

    JSA神奈川ブロック主催キャンペーン 入賞

  • 2008年6月

    JSA神奈川支部主催キャンペーン
    自動車新規部門 入賞

  • 2008年6月

    JSA神奈川支部主催キャンペーン
    損保ジャパンひまわり生命 入賞

  • 2008年5月

    JSA神奈川ブロック損保キャンペーン主催
    損保、一般部門 入賞

会社の歴史

  • 2010年

    損保ジャパンエリアサポート継続。
    (営業社員1名採用)

  • 2009年

    損保ジャパンエリアサポート登録。

  • 2008年

    損保ジャパンエリアサポート認定。

  • 2005年

    損保ジャパンエリアサポート登録完了。

  • 2005年

    損保ジャパンエリアサポートプロ代理店
    A、S、P登録。

  • 2004年

    JSAゴールド会員認定

  • 2004年

    営業社員2名採用

  • 2003年

    営業社員1名採用

  • 1985年

    事務所開

  • 1980年

    「有限会社 小田原保険サービス」会社設立

損害保険の用語集

  • 敷地内

    同一の契約者または、被保険者によって占有されている、保険の対象の所在する場所およびこれに連続した土地のことをいいます。(塀などの囲いの有無を問いません。)また、公道、河川などが介在していても敷地内は中断されることなく、これを連続した土地とみなします。

  • 通知義務

    ご契約以降に、告知事項の内容に変更が生じた場合に、保険契約者または被保険者が保険会社に遅滞なく連絡しなけるばならない義務のことです。たとえば、住居を店舗に改築した場合などが該当します。

  • 告知事項

    危険*に関する重要な事項のうち、保険契約申込書の記載事項とすることによって保険会社が契約前に告知を求めるものをいいます。たとえば、保険の対象の所在地などが該当します。
    * 危険とは、損害の発生の可能性をいいます。

  • 自己負担額

    保険金をお支払いする事故が発生した場合に契約者または被保険者が自己負担するものとして設定する金額をいいます。損害額から自己負担額を差し引いた額を保険金としてお支払いします。

  • 時価額

    再調達価格による評価額から、年数の経過による減価や使用による消耗分を差し引いた額を基準にした評価額です。

  • 再調達価格

    損害が生じた地および時において保険の対象と同一の質、用途、規模、型、能力のものを再取得するのに要する額をいいます。協定再調達価格とは、再調達価格を基準として、当会社と保険契約者または、被保険者との間で評価をし、協定した額で、保険証券に記載した額をいいます。

  • 保険料

    保険契約者が保険契約に基づいて保険会社に支払う金銭のことをいいます。保険契約の申し込みをしても、払込期日までに保険料のお支払いがなければ、補償はされません。

  • 保険金

    保険契約により補償される事故によって損害が生じた場合に、保険会社が被保険者にお支払いする金銭をいいます。

  • 保険金額

    保険契約において保険の対象に対して設定する契約金額のことで、お支払いする保険金の限度額となります。

  • 保険の対象

    保険をつける対象のことをいいます。火災保険では、建物、家財が該当します。これらは、それぞれ別個に保険金額を設定してご契約をする必要があります。例えば建物だけを契約した場合、家財の補償は受けられません。

  • 被保険者

    保険契約の補償の対象になる方をいいます。基本的には、保険契約者と同一ですが、別の方となる場合もあります。保険契約が成立すると、通知義務などの保険契約に基づく義務を負うことになります。

  • 保険契約者/契約者

    保険会社に保険契約の申し込みをする方のことをいいます。保険契約が成立すると、保険料の支払い義務、通知義務などの保険契約に基づく義務を負うことになります。